ポタフォト@Osaka

大阪の街を自転車で散歩したり、写真を撮ったりしてます。ときどき京都・奈良・神戸なども・・・

大阪オートメッセ2018 キャンギャル編 #4

普段ほとんど人物を撮らないので、下手だしどう撮っていいかわからないけど、モデルさんがプロなのでなんとか様になってる感じ(笑)
表情の作りかただったり、ポーズの取りかただったり。フラッシュ浴びまくっても眩しそうにしない。プロですねー。
風景ばっかり撮ってる素人には新鮮で脳が刺激されますね。色んな意味で(笑)


IMG_2762_2018021721305312e.jpg


IMG_2731_2018021720591924d.jpg


IMG_2735_2018021720592092d.jpg


IMG_2769.jpg


IMG_2780_20180217205932298.jpg


松岡奈々さん (@chonachonawill1)
IMG_2706_20180217205926e08.jpg


IMG_2707_201802172059272b2.jpg


IMG_2676_20180217205923a2e.jpg


IMG_2680_20180217205924106.jpg


IMG_2671.jpg


IMG_2643_201802172059166f4.jpg


IMG_2800_2018021720591541c.jpg


IMG_2953_201802172059172df.jpg
コスプレ・ポートレートの関連記事

大阪オートメッセ2018 キャンギャル編 #3

ざっとだけど上からスズキブース、ダイハツブース、日野自動車ブース、トヨタブース。
去年もだけど、ダイハツブースはレベルが高いなあ。
一番下の写真はトヨタブースでレーサー脇阪寿一氏と一緒にトークショーに出ていたMCのコンパニオンさん。

IMG_3056.jpg


IMG_3082_2018021602354604f.jpg


IMG_3039_201802160235429fb.jpg


IMG_3069_201802160235459db.jpg


IMG_3041.jpg


IMG_2652.jpg


IMG_3008_2018021602354024d.jpg


IMG_3028.jpg


IMG_3022_20180216023538239.jpg


IMG_3018.jpg
コスプレ・ポートレートの関連記事

大阪オートメッセ2018 キャンギャル編 #2

写真を淡々と貼っていくブログです(笑)
コンパニオンさんのお名前とかほとんどわかりません。知ってる人いたらコメントお願いします(^^;)


‍宮越愛恵(まなちゅん)さん (@manae_miyakoshi)
IMG_3061_20180215000022745.jpg


IMG_3059.jpg


IMG_3053_20180215000018949.jpg


IMG_3055_20180215000019dc7.jpg


IMG_2839.jpg


IMG_2842.jpg


IMG_2905_201802150000305e9.jpg


IMG_2918_201802150000287dd.jpg


IMG_2891_201802150000275f2.jpg


IMG_2922_201802150000316d3.jpg
コスプレ・ポートレートの関連記事

大阪オートメッセ2018 キャンギャル編#1

大阪オートメッセ3日目に行ってきました。キャンギャルのみなさんスタイルもよく、美人ぞろいで癒やされます。
いやクルマのイベントなんですけどね。。。もちろんクルマも見てますけども。
ピンクのバニーのお姉さん、めちゃ美人やったなあ・・・
ということで、写真どうぞ。まとめサイト厳禁ですぞ!



お鈴 さん(@suzu_0607_)
IMG_2943.jpg


IMG_2938.jpg


IMG_2890_20180214005219ae3.jpg


IMG_2875_20180214005217db8.jpg


IMG_2869_20180214005216a0d.jpg


IMG_2805.jpg


IMG_2806_20180214005227a16.jpg


IMG_2853.jpg


IMG_2980.jpg


IMG_3003.jpg
コスプレ・ポートレートの関連記事

ユニクロ・ブロックテックパーカは自転車・登山に使えるのかレビュー

ユニクロの高機能パーカー、ブロックテックパーカー。ユニクロにしては価格の高い約6000円(税別)。
防水・透湿性のある2.5層のアウターになります。アウトドアのブランド物だと2~3万とか平気でしますがそう考えるとコスパがいい?ネットの評価もいいですね。レインウェアとして買ってる人もいるようです。

登山とか自転車乗るのにいいかなと思って買ってみましたよ。クロスバイクでお気楽ポタリングなので、今まで冬はダウン着てたんですが、しばらくすると汗で蒸れてたんですよね。ちなみに登山は日帰り登山しかしませんので、北アルプスみたいな本格登山は想定していません。まあそういう人はユニクロ着ないですよね。

実際着てみると、生地は薄いですがストレッチ性があり動きやすいです。防水性もまだ土砂降りの雨で着ていないんですが、まあ問題はなさそう。平地での突然の雨でも余裕でしょう。登山でも嵐でもない限り大丈夫でしょう。ただ登山用のレインウェアはもっとしっかりとした生地で安心感が違います。価格帯が違うので比べるのはおかしいですが。

透湿性もアウトドアブランドのゴアテックスなどと比べると当然スペックの低いものだと思われます。ただこの価格なのでそこは文句言えません。実際これ来て自転車乗ったり、山登ったりと運動しても蒸れにくいかな?って感じ。正直ゴアテックス持ってないんで比べるものがないんですよね。すいません(^^;)
レインウェアとしては透湿性も大事なんですよね。安物の雨合羽だと蒸れてビショビショになって、山だと体が冷えてしまいます。でもブロックテックパーカなら日帰りの低山程度であれば大丈夫かな。

薄いけど冬でも使えるのかというと、中にしっかり着込めば大丈夫。今の季節(大阪で最高気温5度、最低気温1度とか)だと、ポリエステルの下着、ネルシャツ(薄いセーター)、裏ボアパーカー(セーター)くらいで自転車でもちょうどいいです。あとは長袖Tシャツ1枚くらいで調節します。まあこれは人によって違うので参考までに。登山も自転車もレイヤードをどうするかですよね。ブロックテックパーカはアウターシェルとしての機能は十分に果たすと思います。

風を通さないってだけで保温性はないのでそこは注意。内側は少しひんやり感があります。透湿性のせい?やはり運動するときに着るものですね。普通に街歩くだけならダウンのほうが着た瞬間から温かいし、中は薄着でいいので着ぶくれしませんしね。

雪が積もる冬の金剛山でもブロックテックパーカを着ましたが、登ってる時は下着+ネルシャツ+ブロックテックパーカとネックウォーマーだけでちょうどよかったです。雪も風もしっかり防いでくれた感じ。登ってる時は暑くてダウン着てると汗で蒸れますが、そういうことはなかったですね。流石にマイナス5度の山頂でお昼ごはん食べるときにはダウンがいりますが。

サイズは普段はユニクロでMサイズの自分ですが、2サイズ上のXLを選びました。ジャストサイズだと丈が短めだし、シルエットもタイトなので中に着込んだりするときにどうかなと思ったわけです。ただ今となってはジャストサイズでもよかったかなと思っています。タイトな方が自転車のときに風が入りにくく寒くないし、ストレッチ性もあるので中に着込んでも大丈夫かなと。サイクルウェアがみんなピチピチなのは理にかなってます(笑)
XLサイズだと自分の場合丈の長さはいいけど、胴回りが少しだぶつき感が出ます(写真を参考にしてください)。買うときにかなり迷いました。

ということで、結論。
値段なりの性能だけどスタイルもまあいいし、サイクリングや日帰り登山に有効に使えるコスパのいいパーカーでした。でもワークマンやアウトドアショップに行っても同じくらいの価格で良いアウターもあるのでそっちも見たほうがいいかな?


ブロックテックパーカとブロックテックウォームイージージョガーの全身ユニクロの完全防風スタイル(笑)
身長172センチでXLサイズの丈の長さはこんな感じ。(お店のミラーコーナーで失礼します)
IMG_20180203_172928_20180204220244c6c.jpg


首周りはこんな感じ。2サイズ上なんで多少のだぶつき感はあるかな?ピッチリしてるのが好きな人はジャストサイズがいいですね。
IMG_20180204_185630.jpg


襟がしっかり立ちます。
IMG_20180204_185531.jpg


雨合羽モード。突然の雨も安心。普段のレインウェアとしてもどうぞ。
IMG_20180204_185230.jpg



グッズ・レビューの関連記事

霧氷を求めて冬の金剛山・氷瀑のツツジオ谷ルート2018

久しぶりに冬の金剛山に登りました。前回の記事はこちら。去年も春に行ったんですが(ロープウェイ使いましたが笑)、冬に登るのはもう7年も前なんですね・・・

初めて青空の下の霧氷(樹氷)を撮りました。これが撮りたかったんだよー。きれい。天気という運に左右されるものなのでうれしいです。

今回もルートは登山口から沢登りの氷瀑が見られるツツジオ谷ルートです。多くの人が登るであろう一般的なルートの千早本道は階段づくしのルートで自分的には本当につまらない。ツツジオ谷ルートは上級者向けのコースで、ロープを手繰る岩場などのやや危険な箇所もありますが、それが楽しいです。通りすがりの中年の夫婦の方は思ったより険しいなと口にされてました。初めての人は少し恐怖感があるかもしれません。ある程度体力に自信のある人だけ挑戦してください。
とはいえ、60代と思われるグループのおじさんたちも登っているので(こんなきつかったかなあと言ってましたが)、しっかり装備して慎重に登れば大丈夫だと思います。何より凍っている滝を見れるのは感動します。


IMG_2557.jpg


IMG_2552_201802012314327a4.jpg


IMG_2541_20180201231430f35.jpg


IMG_2540.jpg


IMG_20180127_104350.jpg

下に続く!
南大阪・泉州の関連記事


back to TOP