ポタフォト@Osaka

大阪の街を自転車で散歩したり、写真を撮ったりしてます。ときどき京都・奈良・神戸なども・・・

モバイルバッテリーAnker Astro E1レビュー

モバイルバッテリーで今一番のおすすめは13000mAhクラスの製品だと思います。
価格・重量・バッテリー容量のバランスが一番いいですね。

中でも人気なのが日本製バッテリーセルを搭載しているcheero Power Plus 3でしょう。
リチウムイオン充電池で世界的に定評のあるサンヨー(現パナソニック)製のセルが使われているようです。

次点でAnker Astro E4ですね。
Amazonではcheeroとほぼ同じ価格ですが、こちらは2A出力に対応した充電アダプタが付属していてその分お得。アダプタは別で買うと1500円ほどします。でもcheeroに比べて重量が50グラムほど重いです。

このどちらかを買っておけばまず間違いないでしょう。
旅行にも普段使いにもスマホやタブレット、デジカメなどの充電に大活躍してくれます。

しかし自転車で出かけるときにウエストバッグに忍ばせておく小型軽量モバイルバッテリーも気になります。
先日のAmazonのセールでAnker Astro E1 (5400mAh)が1600円(普段は1999円)だったので、ついでにポチッとしてしまいました。
去年買った同じくAnkerのAstro Mini (3000mAh)も今だに問題なく使えてるんですが、本体のバッテリー残量がわからないことや出力が1Aなのが少し残念なところ。

Astro E1はバッテリー残量インジケータを搭載していて、出力2Aで急速充電対応のスマホやタブレットにも充電可能です。
重量も119グラムと軽く、毎日バッグに入れていても苦になりません。
バッテリー容量は実質7割くらいなので、約3600mAh。iPhone6ならちょうど2回分くらいです。これだけあれば問題ないでしょう。
デザインや質感もなかなか。本体の充電時間は約5時間。寝ている間に充電しておきましょう。
このスペックでこの価格なら文句ありません。

IMG_3757_20150717151200666.jpg


外箱
IMG_3760.jpg


付属品一覧。ポーチとUSBケーブルがついてるのが嬉しい。
IMG_3758_201507171512015f1.jpg


バッテリーインジケーター。出荷時には3つ点灯、50%~75%充電されていた。
IMG_3754_20150717151156031.jpg


入出力端子。Anker独自技術PowerIQで機器毎に適した最大のスピードで急速充電を行う。
IMG_3755_20150717151157cf7.jpg


割りと小さめの3.5インチ第4世代iPod touchよりも更に小さい。胸ポケットにもすっぽり収まります。
IMG_3770.jpg


説明書が入ってないと思ったら、外箱のカバーが説明書でした。しかしあまりにも説明が簡素。
IMG_3763_20150717151210963.jpg

コストダウンの影響か、説明書が簡素すぎて驚きました。Astro Miniはまだまともな説明書が入ってたんですが。
製品公式ページはあるもののオンラインマニュアルも今のところ見つかりません。今後のサポートに期待したいところです。
まあ所詮バッテリーなんでそんなに複雑な操作があるわけではないんですが。

 
グッズ・レビューの関連記事

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:(設定しなかった場合、コメントの修正・削除はできません。)


back to TOP